人生の感想日記

オタクな社会人が幅広く話題にするブログ

アイアムアヒーロー 22巻 最終巻 ネタバレ 感想

もう直ぐ終わりそう〜〜

あと数巻かなと思ってたけど22巻で最終巻だった。

f:id:marokunxx:20170410165044j:image

 

確かにもう生きている人間はいないけどヒロミちゃんとどうなるのかな〜〜?と思ってて個人的には中途半端感があったかも。

以下ネタバレ感想

___________________________________________

早狩比呂美にとって、ここ(小田さんが死んだ場所)って凄く重要な場所なのか、ずっとここにいるのかな?

f:id:marokunxx:20170410165056j:image

とにかく比呂美が目も当てられない、酷い姿なんだけどやっぱり最初の方に噛まれた時点で感染して、治った訳ではなかったんだよね……
というか、クルスと一緒である程度自分の意思を持って行動できる選ばれた人間だったのか…


もう助けてくれるのは小田妹、比呂美くらいかと思ってたけど(ヘリ側にいる人間には難しいだろうし)
この2人にも難しそう。

しかし、小田妹、がんばれ!!!!!!

f:id:marokunxx:20170410165146j:image

 

あと、小田妹と同じ様に?中学生の彼女を守ろうとしたのかZQNに向かっていってた春樹だけどこういうのは一定数いたのか、体質的なアレなのか…
今までどんな人間でも知性が無く襲っていたZQNなのでどういう基準なのか謎。

f:id:marokunxx:20170410165156j:image


しかし、英雄のここまできて勘違いしているところが彼らしいというかイライラさせる原因の一つで………
確かに大人しそうな?というかモテなくて友人に無視されそうなパンツ一丁の、

所謂負け犬っぽい人に見た目だけで俺は断然味方する!!とかもうね。
英雄らしいよね。

状況がわかっているので
コロリ達頑張れ!!!って気持ちになる。
(それが作者の狙いだろうけど)

 

 

そしてクルスキモい。

f:id:marokunxx:20170410165217j:image

 


最高にキモい。

 f:id:marokunxx:20170410165229j:image

 しかも、目的もなく生きていてムカつくから殺してるとかもうどうしようもない。

 

 

 

浅田教の人については特にいうのもないくらい…
すごい小物感ある最後だった………笑

f:id:marokunxx:20170410165251j:image

 

しかし、最後に助けてくれるのはヒロミちゃんかと思ってたけど、名もないコロリの女兵士だとは思わなかった。

f:id:marokunxx:20170410165310j:image
そして、コロリの判断能力の高さに驚き。
この人ZQNになったらやばそう。

f:id:marokunxx:20170410165412j:image 

 

ヘリで伊豆七島に向かう途中、
SOSやテントがあったけど
これで生きてる人ってどのくらいいるのかな?と思ったけど多分みんなZQNになってるんでしょうね。

f:id:marokunxx:20170410165637j:image

 

伊豆にいる人たちはおばちゃんの若返りによって子供も増え今後子孫が増えていき、また人類は繁栄していくとは思うけど

f:id:marokunxx:20170410170125j:image
どうやって危険分子排除したのか気になる……笑

 

モールでも、久喜でも散々人間同士のドロドロ見てるのでそんなにサラッと?!みたいな気持ち笑

 f:id:marokunxx:20170410170212j:image

 


英雄は最後まで、コロリに気付かず合流することもなく、池袋で1人で生きていく訳だけど英雄以外に人とZQNに会わないってことは池袋周辺は少なくとも死んでる人しかいないと思うけど10年後、20年後動物や人が増えてくのかどうなのか気になる。

そして、22巻の約3/1が東京での英雄の1人生活を描くってすごい。

f:id:marokunxx:20170410165648j:image

1巻の時も丸々日常だったけど。
ハッピーエンドでもないけどバットエンドでもない終わり方って感じかな?

ただ、気になることがいくつかあった。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

▪︎毅(こわし)について
※久喜にいた頭のきれる、クルスのメンバー

あとずっと気になっていた、モールでの身体能力の異常な陸上選手とか毅(こわし)だとか
(この人は頭取り替えてまた動いていたし)
何か意味のあるZQNでは?と思ったけど全然そんなことなかった。

ただ、生前に能力が高い人が死んでから脅威になるという感じなのかな?

毅(こわし)はクルスが殺したのか単純に死ぬような奴には見えないけど、最期はおばちゃんに首を切られて呆気なくという感じなのかな?

 


▪︎早狩比呂美について
一応、ヒロインなのに最後あんな姿になって、しかも某掲示板のコメントが最後でちょっとモヤモヤ。
英雄に(苦しんで)生きてって言うのは良いけどヒロミちゃん探さなかったのかな?とかとりあえずもうちょっとヒロミに関する描写が欲しかったかも……

ただ、作者の人はひたすら英雄のクズさを際立たせたいのだな、と思うシーンがたくさんあって面白かったけど!笑

 

 


ゾンビものって終わらせ方が難しく、
後半になる程
生きてる人間もどんどん減るため怖さが減りダレるイメージが強い。

アイアムアヒーローもそんな時があったけど割と綺麗にまとめた印象だった。


とにかく、花沢健吾先生色々言ったけど長い間お疲れ様でした!

はじめの一っぽ

にんにくが好きで、にんにく専門店に行ってきた。

 

『にんにく料理 はじめの一っぽ』

ってお店。

飯田橋から5〜10分くらい。

あの辺て美味しそうなお店がたくさんあって

目移りしちゃうんだよなぁ〜〜笑

 

f:id:marokunxx:20170409195249j:image

 

予約したので待たずに入店。

お店はかなり小さめで30人くらいしかお客さん入らないんじゃないかな??

 

店員さんは3人。

キッチンに2人と外に1人。

 

ひっきりなしに電話が鳴るし、注文はいるし、お客さん来るし(基本予約しか入らなさそうだった。予約ない場合はたぶん1〜2時間は待ちそうな感じ)

とにかく女性がすごく動けるスタッフさんで

テキパキ動いて凄かった。

あと、すごく感じの良い人でいい接客、ってのを久しぶりに体験した〜!

 

f:id:marokunxx:20170409195615j:image

 

前菜に早速パン!

あまり食べられれ方ではないのでこれだけで少しお腹がいっぱいになる…笑

 

▪︎豚耳、ガツ、豚タンとほうれん草のサラダ

f:id:marokunxx:20170409195652j:image

これ酸っぱくて美味しかった!

 

 

▪︎真タコとマッシュルームのガーリックオイル煮

f:id:marokunxx:20170409223657j:image

 あつあつ!タコもプリプリで美味しい。

 

▪︎牛ハラミのガーリックステーキ

f:id:marokunxx:20170409200317j:image

 野菜も美味しい!ちょっとお肉かためかな?

 

▪︎天使の海老のガーリッククリーム フィットチーネ

f:id:marokunxx:20170409200610j:image

これも凄く美味しかった!海老がプリプリ。

この時はかなり苦しくてあまり食べられなかったのが残念…

 

▪︎ガトーショコラ

f:id:marokunxx:20170409200724j:image

金柑がサッパリ、アイスはキャラメルで美味しい。

 

▪︎プリン

f:id:marokunxx:20170409200821j:image

ゼリーがレモン味。サッパリしてて美味しい。

 

 

個人的には、サラダとパスタがすご〜く美味しかったかな〜。

 

 

私たち以外の人はみんなにんにく丸揚げを頼んでいて(追加してる人もいた)

私も頼めばよかったと思ったけど

既にお腹がいっぱいなので今回はやめておいた。

 

次行くときは、にんにく丸揚げ頼もう〜。

 

【映画】この世界の片隅には面白いのか

やっと見てきたこの世界の片隅に
公開して結構経つはずだけどまだ大きめのスクリーンでやっていたのでよかった。

 

正直、私の精神状態も良くないのか、期待しすぎたのか、見た後すぐはどんよりと気持ちがして、評価かなり低かった。

でも、帰ってきてふと思い出すと
『あのシーン良かったな』『あのシーンもう一回見たい』となり、結果的にやっぱりもう一度見たい。となる映画だったと思う。

 

ただ、周りでは今年度ナンバーワン(2016年度)と言ってる人が多かったが、私は今年ナンバーワン映画ではなかった。

 

それでも、どこかで見た感想の言葉を借りると低温火傷のように、じわじわじわじわ身体に広がっていっているのは間違いない映画です。

 

評価は
★★★★★★★85点★★★★★★★★

 

キャラクター紹介

◼︎北条すず (主人公)

f:id:marokunxx:20170202135033j:image

旧姓 浦野。

彼女のホワホワした感じが特徴。

声もすごく合っていて、ありゃぁ〜〜というすずの声はなんとも言えず癒し。

 

◼︎北條周作

f:id:marokunxx:20170202135125j:image

 すずを見初め、お嫁に貰ったずるいひと。

どんな怖い、オラオラ系なのかと思ったら

シャイで無口な良いひと。

 

 

◼︎ 黒村径子

f:id:marokunxx:20170202135307j:image

すずの義姉。

シャキシャキしておりすずとは真逆!

それ故に最初はすずに当たりが強かった…

(最後は素晴らしい人間性に気づけてよかったと思う)

 

◼︎黒村晴美

f:id:marokunxx:20170202135336j:image

義姉の長女。

兄とは別々に暮らす。

すずと仲良し。

すずが彼女のことを晴美さん、と呼ぶのがなんだか可愛いんだよなぁ。

 

◼︎水原哲

f:id:marokunxx:20170202135508j:image

 すずの同級生。

好意を寄せているのにハッキリ言わないところが意外にシャイなのか?!?!

 

 ◼︎浦野すみ

f:id:marokunxx:20170202135659j:image

すずの妹。

最後に原爆による後遺症が出ているようだったけど……

 

-------------------------------------------------


以下さらっと感想。ネタバレあり。

ちなみに原作未読。

f:id:marokunxx:20170202135957j:image

 

とにかくすず(主人公)が良い。
戦争映画だけど半分は日常を描いている、というかなりイレギュラーな作品だと思う。

しかもつらい、嫌だ、という感じではなく
『みんなで笑い合いたい』という気持ちが全面に出ていて戦争ものなのに幸せな気持ちになります。

『とにかく笑えれば〜♪最後に笑えれば〜♪』って感じ。


あと、嫌なことをする軍人さんや知り合いが周りにいないのも珍しい。
普通の戦争映画だと、例えばアメリカや例えば旧日本軍など、必ず悪い奴がいるんだけど誰もいない。

最初、
義姉(小姑)が実家に帰れ、など鈍臭い、など酷いキツイ性格なんだけどすずののんびり屋さんなところを認めてあげているところが本当に心の広い、優しい人なんだなぁと思う。

あと、旦那さんも知らない人とか言うものだから(すずが忘れているだけだけど)どれだけ亭主関白で嫁ぎ先でいびられるのかとドキドキしていたけど、旦那さんをはじめみんな良い人でそこもまたいい。

あの時代の人にしては(?)とても良い旦那さんで奥さんに対してもさんづけ。

うちの祖父は、横柄で酒飲みで祖母に暴力を振るうような人だったので昔の人ってそんな人ばかりだと思ってたので余計に旦那さんの人の良さに癒された。


戦争で物がない中、梅干しの種やその辺の草を拾ってご飯にするところは悲惨、というより知恵って感じで不幸感が出ないのもすずならではと思うし、昔の人はつらいつらい、と生きていたら生きていけない時代だったんだろう。

昨日生きていた人が死んでいる、憲兵に連れていかれて帰ってこない。
赤紙が末っ子に来た。

f:id:marokunxx:20170202140212j:image


でも、そんな中で頑張って(努力している部分と、元々の性格と両方)笑顔で生きているのに
後半は空襲が酷く、絵を描く右手も家族も目の前で奪われて顔がコケていき、笑顔がなくなっていくすずを見るのがまぁつらい。


特に、焼夷弾が家に落ちて炎を消すすずにはなんだかすごく泣けた。

もう笑顔のすずは見られないのかと思った。


広島には数回行ったことがありますが広島市からは呉ってかなり遠いイメージなんだけど、8月6日にまさか呉の方まで物が飛んで来たり、地鳴りのように地面が揺れたり
一瞬あんなに光っていたのは知らなかった。

広島市以外から原爆の様子を描かれているのもはあまり見たことがないので
直接描かれるより情報がない分、不気味さが増す。

そう言えば祖母はお金がそれなりにあったのか、その頃は親の仕事の都合で日本にはいなかったらしいけど海外でも何かヒロシマナガサキに落ちたらしい。というのは噂で流れてしたらしい。


戦争映画は『オチ』がわかってる分、玉音放送の時のすずの反応を想像したけど予想外だった。
あぁ、やっと戦争が終わった、ではないのだなぁと。

 


実は漫画を読んでいないのですずの子供は?とかすずの妹は原爆症は大丈夫なの?とか連れて帰ってきた子供は?とか色々気になるところはあるけれど、それでもこれから大変だけど笑っていきていこう!っていうハッピーエンド、で良いと思う。

 

もう一回映画館で見たいけどちょっと時間的に難しそうなのでDVDが来たら
大きな声で泣きながら、みようと思います。

スーサイドスクワット

f:id:marokunxx:20170105095056j:image

 

 結局劇場に観に行けず、自宅で鑑賞!

一緒に見た旦那は微妙と言ってましたが私は面白かったです。

もともと、アメコミ系は結構見てたので(ファンてほどではなくそこまで詳しくはないけど)大丈夫でした。
しかし、ほとんどアメコミを見てない人だとどう見て良いのか?戸惑うのかな、とは思いました。

人間VS人間と思ってたら魔女とか出てくるしって言ってました。

★★★★★★80点★★★★★★

実は前作?のバットマンVSスーパーマンは見てません。けど普通に私は面白かったです。

とにかく、ハーレークインが可愛い。
もっとカット欲しかったな〜。

お医者様からあそこまでぶっ飛ぶのもなんていうか凄いですね。
時間的に難しいとは思いますがもっとその辺掘り下げて欲しかったかも。

あと、人気であろうジョーカーについては
あんなにチョイ役で大丈夫なの?って感じでしたがどうなんでしょうか。

 

f:id:marokunxx:20170105095205j:image


ハーレークインはバットっていう絶対魔女に敵わないだろ!みたいな武器ですけど意外に色々やってくれます!
ていうか1番 狂ってるので狂気で色々できちゃうというか、怖いものなんて何もなさそうな人間てほんと怖いんですよね。

1番強そうなのはあの炎の人ですけど
どうなんですかね。
誰が能力的に1番かな〜〜


◾︎ツッコミどころ
この辺はツッコミどころというか、そもそも根本的な?ところなんですが

1:そもそも魔女に勝てるような能力の人が少ない。(圧倒的力の差)

2:仲間意識を持つにはイベントが弱い、またはほぼない。

3:ハーレークインがジョーカーを殺した奴らのところに戻る理由がよくわからない。
また、ジョーカーを生き返らせるより魔女を倒す方を選ぶ理由もほぼ描かれない。


特にハーレークインに関しては心情変化がわかりにくく(まぁ狂ってるから特に理由なんてないよ!って言ったらそこまでなんですが)
仲間と協力する理由が乏しいのが気になる。


なので映画全体として
ちょっと端折られてる印象でした。

原作?があるかはわからないけどその辺元々はしっかりあるのかな??

そこは気になりましたが
ハーレークインが可愛いんで
普通に面白かったです。

可愛いは正義

東京喰種:re 9巻

f:id:marokunxx:20161222181625j:image

東京喰種 最新刊でましたね!

14巻で終わらすとしたらあと5冊かー。

早く続きが読みたいようなまだまだ終わらないで欲しいような………

 

しかし予感はしてたけど
主人公1ミリも出てこなかった!!!
いや、回想で2コマくらいでて来たかな?

ただ、まぁトーカや滝沢達と今後合流する筈ですし、今後『隻眼の王』としてどう行動するか楽しみにしておきます。

 


以下ネタバレ!!
______________________________________

東京喰種って人死にまくるので
正直誰?って人もいるんですけど、
とうとう亜門鋼太郎出てきましたね。

亜門あんなに強かったのになんか滝沢よりも弱くてあれれ?って感じでしたね………
失敗作なのか〜。
なんかキャラ的に、カネキくんとまだウニャウニャありそうですけど、どうなるんでしょう。

とか色々書いたけど
育ての父親とのことは解決していないし
父親との決着をつけるのは亜門だろうから多分死んでませんね。

f:id:marokunxx:20161222180402j:image

 

◾︎アオギリの樹VS喰種捜査官は
まだまだ続く…

最近のグールって人間(捜査官)側を応援すれば良いのか、グール側を応援すれば良いのか迷います。

正直、鈴屋什造に勝って欲しいけど
彼が勝ったら確実に今後カネキケンと対立するでしょう。

嘉納に関してもクロが仇を討つより、カネキケンにどうこうされてほしいんですが
この感じだとクロも今後生き延び、最後彼が死ぬとしたらクロの手かもしれません。


◾︎オウル

f:id:marokunxx:20161222180022j:image
タタラも法寺さんも二人とも強いのに……
まさか二人ともたきゅざわに…………………(法寺さんに至っては死ぬシーンすらない)

f:id:marokunxx:20161222180349j:image
しかも、あのタタラすら滝澤に負けるなんて………
(滝澤が強すぎなのか??)

 

f:id:marokunxx:20161222180324j:image

しかも、その後現れる六月に結構押されますがこれはアレですか。
佐々木(カネキケン)VS六月(元真戸班メンバー)がある感じですね。

六月キャラちょっと変わってきたし。

(殺すのを楽しんでいる風?)

殉職した不知(シラズ)についても
どうも喰種にされている描写がありましたし、元メンバーと今後対立するでしょうね…

佐々木くんはまだしも、カネキケンは躊躇わずに戦えるのか、ちょっと気になります。

(容赦なかったりして)

f:id:marokunxx:20161222180417j:image

 


そして、今回 有馬貴将(王)を殺したのは
佐々木排世との通達があり
CCGとの対立は避けられないでしょうね〜。

 

しかし、有馬は死にたかったのでしょうか。

タタラが王の前で膝まづいている時に

『王の望みのもの』は手に入ったか、というシーンでカネキケンを有馬が引きずっているので

望みのものは自分を殺してくれる存在(カネキケン)なのかと……

f:id:marokunxx:20161222181147j:image

あのルート14でカネキケンとわかった時に不思議な顔をしている描写がありましたが

カネキケンとわかったからか、それとも予想より強いからかなにか考える風でした。

ここまでもしかしたらある程度計算通りなのかと思うと有馬貴将恐ろしい。

 

 

今後は、真戸アキラはどちらに着くのでしょうか……
(というか死なないか心配………)

f:id:marokunxx:20161222181510j:image

 

カネキケンは人を殺すというより
今後はお互い歩み寄れるような方法を考えていくのでしょうが…………………

喰種が人間を食べる代わりのものがあれば改善しそうですが…(ただ、アオギリの樹みたいな血気盛んな奴らはどうするんだろう?ともおもいますけど)


ところでカネキケンも大好きなんですが
佐々木排世のワンコロ系もすごく好きだったので今後佐々木排世はもう出てこないのかと思うと残念だなぁ〜という気持ち………

あ、でもクロカネキも好きです。
口が悪くて。笑


とにかくカネキケン推しなので
早く新刊が出てカネキケンの活躍みたいな〜。

 

ユーリ!!! on ICE 感想とか

f:id:marokunxx:20161222162639j:image

ユーリ‼︎! on ICE

最終話の感想とか。

 

1話だけ実は見逃してたのですが

以前、ヴィクトルが滑ってる映像を見て
興味があったので見てました。

フィギュアスケートは詳しくありませんでしたが、スケートアニメっていうのに惹かれ見始めました。

 

あと、オープニングが素晴らしく

毎回飛ばさず見てました。

本当あれ何回見ても飽きない。


点数
★★★★★90点★★★★★

______________________________________
登場人物

◾︎勝生勇利(かつきゆうり)

f:id:marokunxx:20161222152413p:image
本作主人公。24歳の日本人。
精神的に脆く、
その脆さがスケートにすぐ出ます。

1話のグランプリファイナルで
まさかのぼろ負け。

後半は少し、頼り甲斐がある子になりましたが、最初から最後まで良くも悪くもその弱さに振り回され、視聴者(私)をヒヤヒヤさせてた気がします。

私の推しは勇利ですがその情緒不安定さも
何だか応援したくなります。

天才より凡人の努力家が好きなんですよね。
(勇利は優秀だけどヴィクトルやユーリと並ぶとどうしても…)


◾︎ヴィクトル・ニキフォロフ

f:id:marokunxx:20161222161514j:image
27歳
ロシア生まれの天才。
2人のユーリはこの天才に振り回されます。

ヴィクトルの年齢的に引退を考えるのはわかるんですが皇帝を見てください!
幾つだと思ってるのですか!って感じです。

個人的に1話の衣装がすっごい好きですね〜。
まぁあとはずっと裸かスーツですけど。

天才故かすっごい自由!
急に(裸で)コーチになるぞ★!とか言って見たり、才能ないんだから〜とか毒吐いたり
脱いだり、脱いだり………

wユーリは振り回されてます。


◾︎ユーリ・プリセツキー

f:id:marokunxx:20161222152938j:image
ロシアンヤンキー
15歳の天才。
作品の中で一番ヴィクトルに近いのは彼でしょうか。
若さもありシニアで今後記録更新をしていくのでしょうね〜。
14歳の頃の真央ちゃんを思い出します。


◾︎ピチット・チュラノン

f:id:marokunxx:20161222153017j:image
20歳のタイ人。
勇利の友だち。
癒し。
勇利とは対照的で
ポジティブ、ハートが強い。

なんか、こう自然に応援したくなる
タイのスケーターです。

本作では上位に食い込んではくるキャラではありませんが、勝ち負け関係なく
楽しむ!楽しんでもらう!というサービス精神が誰よりもあると思います。

f:id:marokunxx:20161222154131j:image
癒し。

 

◾︎ジャン・ジャック・ルロワ

f:id:marokunxx:20161222152952j:image
19歳、カナダのスケーター。
JJ!!!
ただの宮野。笑

自信過剰でファンに愛され、皆んなに応援されるのが当たり前と思っている節がある。(ように見えた)が
今回の試合でまさかのぼろ負け……
そして11話でまさかの大泣き………
才能のある人間が挫折していく様はとても辛いですが
彼を心の底から応援したくなりました。


◾︎クリストフ・ジャコメッティ

f:id:marokunxx:20161222153042j:image
スイスのスケーター。
25歳。

エロス!勇利のケツを触った人。

彼も引退を考える年齢だと思いますが
どうするんでしょうか。


◾︎オタベック・アルティン

f:id:marokunxx:20161222153101j:image
寡黙なスケーター
カザフスタンの選手。18歳。

後半までパッとせず、というかあまり出てこなかったけど
ユーリをかっさらって、友人になって
存在感出てきました。

オタベックの使用音楽がすっごい
カッコいい!!!


◾︎諸岡久志

f:id:marokunxx:20161222153111j:image
声は加藤泰平アナウンサー。
日本の、勇利をジュニア時代から応援するアナウンサー。
声優さん詳しくありませんが
私この人MVPです。
個人的にこの方の解説ですごくリアルを感じたし素晴らしかったと思います。

 

 

◾︎ミナコ

f:id:marokunxx:20161222155112j:image

f:id:marokunxx:20161222155120j:image

ミナコ先生。

私この先生、好きなんです。

キツイこと言いながらも勇利のことよくわかってて夜中に教室行っても付き合ってくれる優しい先生。


______________________________________
レビュー
【最終滑走】超超超がんばらんば!!! グランプリファイナルFS 

f:id:marokunxx:20161222151759j:image


ステファン・ランビエール氏がでたり織田信成さんが出たりと豪華なゲストがたくさんいました…!

f:id:marokunxx:20161222154242j:image


子どもの頃、何故かスケートが好きで(冬のスポーツはこれしかやったことない)
よく親に横浜のスケートリンクに連れてって貰いました。

よくスケートしたい!って言ってた事は
覚えてます。


そして、子どもの時に大好きだった
『マン モア ジャンプ』というスケート漫画がありこれをよく読んでいたのでスポーツで唯一フィギュアスケートだけは見ます。

f:id:marokunxx:20161222153259j:image

それでもルールや選手の名前などは全然詳しくなく、滑ってるシーンをたくさん見たいくらいの気持ちで見ていました。


最初の方は正直いうとあまり滑らないな、こいつら。です。
あと、腐女子ウケを狙ってる感じがちょっと苦手でした。

 (押されると引くタイプ)


そもそもヴィクトルが小さな島国の1スケーターが上手く自分を真似て滑ってる動画を見たとして年齢的にも引退を考えているのにわざわざ氷上から離れ、
ロシアから日本まで来るか??とずっっっと腑に落ちませんでした。

『優勝させるぞっ★』には弱いんです。

遊びなのでは?というには(確かにヴィクトルは気まぐれだけど)
彼は本気のようだし。


それについては、

10話のエンディングで解決します。
この理由で納得できるか?と言ったらアレなんですけど個人的には納得できました。
(エンディングよかった)

1年前、惨敗しヴィクトルが声をかけた
あの(ウブな)日本人が(酔ってるとはいえ)
台風のような男だったなんて!みたいな。

ビーマイコーチ!の件はアレなんですかね。
やはり興味が湧いたというか、もうあれは恋に落ちたのかな?(ユーリの世界ではわりとナチュラルに絡むので)

f:id:marokunxx:20161222153757j:image

f:id:marokunxx:20161222153807j:image

 

何だかあの最後の赤くなるヴィクトルが
わざわざ飛行機乗って、ロシアからにっぽんまで来る理由としては充分だと思いました。

あと、やはり勇利っていうキャラがとても不安定で1人でここまで来られないだろうと周りが支えてたり、勇利がすごく成長していく姿に応援したくなりました。
(勇利推しです)

 

最後は誰よりも
カッコ良く滑ってくれたと思います。
勇利、精神的に大人になったなぁ(シミジミ)

f:id:marokunxx:20161222155149j:image

まさかコーチ解任とか慰めるのではなくヴィクトルも泣くのかと思って発言はなんかSっ気というか勇利さんさすが!って感じでしたけど笑

 

ずっと考えていたのは、勇利は
優勝(金メダル)は取れるのか。ということです。

正直、勇利は金メダル取れないと思ってました。(ユーリがいるしね。)

あと、単純にアニメとして金メダル取りました!やったね!と終わらせないのでは?という思いもありました。

しかし、まさかのフリー点数ヴィクトル超え!
勇利、ユーリ共に
ヴィクトルを超えて来ました。

f:id:marokunxx:20161222155210j:imagef:id:marokunxx:20161222155216j:image

 

これはまさか……
金メダル取って終わり?そんな感じに終わらせるんか??と思ったんですが
やはりユーリ・プリセツキー。

彼が金。勇利が銀でした。(3位はJJ)
15歳、最強です。

※しかし、勇利は今作で一度も優勝してないですね。そこも応援したくなる理由の1つでしたが


そして、勇利現役続行
ヴィクトル 現役復帰、コーチ続行。

勇利を焚きつけたのはユーリであり
ヴィクトルももしかしたらあの時
何かユーリにいったのかな?
そんな素直にヴィクトルに言われたことをハイハイ聞くタイプでもないかな。

しかし、第一声がカツ丼引退するのか?!ってユーリもツンデレで可愛いですよね。

ヴィクトルが現役復帰するより
勇利が気になるのか。

 

※てか、声優さん詳しくないんですけど
ヴィクトルの『ん?今何考えた?』のウィスパーボイスがヤバイです。
これはファンが増えそう。(無知)

 

 

◾︎エキシビジョン

f:id:marokunxx:20161222155911j:image
これは予想外でした。
今までのことを考えれば
確かに公式やりかねませんけど、公式やりました。

f:id:marokunxx:20161222155958j:image

f:id:marokunxx:20161222160108j:image

勇利とヴィクトルのペア!!!

個人的にはヴィクトルのあの衣装
すっごく好きなので色違いの衣装ほんと
良かったです。

f:id:marokunxx:20161222160129j:image

f:id:marokunxx:20161222160153j:image

f:id:marokunxx:20161222160210j:image

 

そして、曲はヴィクトルが滑っていた
『離れずにそばにいて』

二人で一度滑って欲しいな〜と思ってたんですがまさか本当に二人で滑るとは!!!!

しかも勇利を軽々と持ち上げるとか
ヴィクトル凄い!

f:id:marokunxx:20161222160221j:imagef:id:marokunxx:20161222160249j:image

このエキシビはちょっと興奮しました笑
ヴィクトルが(私の中で)予想外に一途なので
(もしかしたら勇利よりも)なんだか
応援したくなる二人でした。


二期はあるのかな??
ありそうな感じもしますが……

 

 

しかし音楽も素晴らしかったです。

CD買おうかな!!

そして、本格的にフィギュアスケート勉強したいと思ったアニメでした。

 

前にエキシビ行きたかったんですが

予定が合わずポシャったのでまずはエキシビから見たいな〜〜!

 

インフェルノ 映画ネタバレ

前作見たことなかったけど、インフェルノ見てきた。

f:id:marokunxx:20161115210633j:image

 

正直わかるかな〜〜と思ったんだけど結果的に前作見なくても楽しめます。

★★★評価★★★
★★★85点★★★

ストーリー
世界の人口は増加し続けている。
未来のために今の半分にする必要があると考えたとある男が、黒死病をばら撒き人口を半分にすることを計画する……

 

 

以下ネタバレです。

◾︎感想
まずトムハンクスが病院にいるところから始まります。
映像がチカチカと切り替わるだけど
これがちょっと酔う。というか疲れる。
後ろの席で良かった!

ただ、その映像効果でチカチカと地獄のような場面が出るんですが
それがカッコいい!!
地獄だ!そしてちょっとコンスタンティンぽい!

f:id:marokunxx:20161115210719j:image
コンスタンティン
素行の悪いエクソシスト
タバコ吸いすぎで肺がんになり余命幾ばくもなく、助かるために悪魔を地獄に送り、良いことをして天国に行こうと考えるイケメン。
キアヌリーブス出!


しかし、すごく映像のこだわりというかめちゃくちゃ綺麗でした。

手先のない人。
ただれた顔の男。
地面に埋められた人間。
顔がねじれた人間。


トムハンクスは何故か頭に怪我をしている模様で音がガンガン響くし、視界がボヤボヤでちょっと疲れました。

理由はわからないけど、頭を銃で狙われ弾丸がかすったようです。

その傷のせいで数日間の記憶も曖昧、目眩や音がガンガン鳴り響くフラフラの状態なんですが
何故か突然事情を聞きに来た警察官が近くにいた医者を銃で殺害!

まさかの!!!
しかし、イタリアの警察官の制服ってカッコいいんだよなぁ。
前になんかでイタリアの警察官はあの制服が着たいだけで、貴方を守ってくれませんよ。とガイドに言われたとか聞きましたけど、どこまで本当なのか、わかりません。

話を戻しますが
フラフラな中もう1人いた女医に助けられ、何故か女医の家に匿われます。

普通、病院の方が安全だと思うんですけど何故彼女の自宅に????(^○^)

ここで彼のポケット?から小型のプロジェクターが出てきます。
謎を解くカギです。
ここにダンテのインフェルノの絵が隠されてるんですが、そこの示すところにどうやら今回、男がばら蒔こうとしているウィルスがある模様。

探しに行かなきゃー!!!ってなるんですけど、とにかく敵が多い。


WHOに警察官に領事館………

どうやらみんなそのポケットには入っていた
プロジェクターとウィルスの場所を知りたいみたいだけど
警察官が発砲してきたことにより主人公の敵だと思い逃げます。


途中、美術館に逃げるんですけど
ドローンめっちゃかっこいい!!!!
この間知人がドローン買ったというので見に行きましたが、近くで見ると興奮するんですよね〜笑

とにかく、敵が多い中謎解きするんですけど突然の驚きがあるのではないかとドキドキしてました。

特にありませんでしたが笑

 

 

f:id:marokunxx:20161115210700j:image
あと、途中から味方になった人めっちゃ死亡フラグ立てまくってましたけどやっぱり死にましたねー!

この方、確かジュラシックワールドにも出ていてお気に入りだったので覚えてます。

イフファーン カーンさんて言うんですね。
なんとなく印象的です。

 


◾︎きになるところ
どうして、主人公に女医があんな素性の知れない人についてくのか謎でした。
だってメリットないんですもん。
男は警察や、WHOに追われてるのになぜ付き出さないの?
何故、安全かと思われる病院から逃げるの?
など常に気になってました。

結果的に実は彼女は悪役で主人公に謎を解いてもらわないといけない。というオチがあったんですけど、もう少しついて回る建前上の理由があってもよかったかなって思いました。

 

◾︎◾︎まとめ◾︎◾︎
本も読んだことがなく
映画も見たことなかったんですが
それでも充分楽しめました。

最後の水の中のシーンはちょっとイライラしましたが笑