読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の感想日記

オタクな社会人が幅広く話題にするブログ

君の名は。 を見てきて思ったこと

2016年 邦画 アニメ 映画 映画

今話題の君の名は。を見てきました。

2回鑑賞しました。

ネタバレしていますので注意してください。

f:id:marokunxx:20160904211634j:plain

 

 

www.kiminona.com

 

 

君の名は見てきて思ったこと 

結論から言うと私は面白かったです。

2回映画館に観に行きました。

なぜ良かったのか

個人的に好きなところ(あまり好みじゃなかったところを含め)を

上げていきます。

また、新海誠監督については

秒速5センチメートル」で初めて知り、

その後「雲のむこう、約束の場所」は見ています。

その程度の知識でみに行っています。

 

 ______________________________________________________________________

良かったところ。  

脚本の良さ(三葉には秘密がある)

f:id:marokunxx:20160904114822j:image

二人が入れ替わってから出会うまでのストーリーと思って見に行きました。

私の脳みそではこれだけしか想像ができないのです!!

 

しかし、このストーリーには1番核となる秘密があります。

二人の生きている時間軸が異なる、ということ。

3年前に彗星が落ち、壊滅的被害にあった少女の住んでいた町。その自然災害により少女は命を落としますが、彗星が落ちた3年後に少年と心が入れ替わる。

同い年として描かれますが実際は少女の方が3歳年上。

会いたいけど、会えない。

異なる時間を生きる二人。

昨日まで日記でやり取りをしていた彼女はもういない。

 

______________________________________________________________________

 

 感情移入のしやすさ(主人公を応援したくなる)

f:id:marokunxx:20160904115015j:image

これは脚本にも入りますが…

見ている側として応援したくなる二人。

(感情移入できる二人)

二人は度々入れ替わり、

顔も名前も交友関係も知っているのに会ったことがありません。

見ている上で二人が惹かれていくのがわかるけど、会えないのです。

 

後半、かたわれどき(黄昏時)に二人は初めて出会います。

二人は本編の中で1時間以上も出会うことなく、探し続けるのです。

(実は一度だけ会ったことがあるのですがそれは最後の方までわかりません)

でもこのかたわれ時は時空が歪んでおり、

これを実際会ったとも言えないと個人的には思ってます。

 

なので、この主人公の二人が会うのは8年前の電車の中での数分と、この映画の1番最後の大人になってからの2回です。

 

本編でこの2回しか会わないんです。

とっても応援したくなる、二人です。

 

 ______________________________________________________________________

 映像の綺麗さ

f:id:marokunxx:20160904115031j:image

もう全編にわたって映像綺麗!!!

でもこれはもう、新海誠監督の特徴と言えるのでわざわざあげる必要もないかも知れません。

 

______________________________________________________________________

音楽の良さ

f:id:marokunxx:20160904123817j:image

音楽が映画を盛り上げている。

これは監督自身も言っていましたが

とにかく映像と音楽があっている。

そのためすごく盛り上がるんです。

 

特に前前前世が流れる時のあのセリフとのテンポの良さ、盛り上がる第一ポイントです。

この映画は凄い、と確信させるシーンです。

 

1年半ほどかけて監督と脚本を読みながら

音楽づくりをしたとのことでしたが

音楽が映像に与える影響がこんなに大きい事がわかり、今後もっと意識して見ると思います。

 

 ______________________________________________________________________

脇を固めるキャラクターの魅力

f:id:marokunxx:20160904123722j:image

主人公の友人たちも主人公に負けないくらい魅力的です。

てっしーやさやちんは三葉のためにがんばって町民を避難させようとします。

 

特にてっしーは親に引かれたレールを走るのに対して諦めもあるのでしょうが少しの反抗心もあるように見えます。

同級生にあれだけ言われてますし。

親への反抗なのでは?と私は思い、見てました。

てっしーの地元愛と少しの反抗心が見え、思春期特有の甘酸っぱさを感じます。
(と思ったんですけど私だけかもしれません。)

 

その他、滝の友人や先輩、三葉の妹やおばあちゃん。

皆いいキャラでした。

 

 ______________________________________________________________________

気になるところ。

f:id:marokunxx:20160904124006j:imageテンポが悪くなる

最後の方で良くも悪くもテンポが落ちたのが気になります。

 あのテンポは新海誠監督の良さであるのですが、今までのテンポの良さを考えると少しだらけます。

主人公二人が会うまでのシーンが少し長いです。

 

見ている側のもどかしさ

これはタイトルまるまる否定するような形になるかも知れませんが、見ている側として

せめて名前を忘れても何があったか、を覚えて欲しかったというのが私の本音です。

 

何があったかわからないけれど大事なものを探していた。というのがコンセプトであるのですがやはり全編通してどうゆうことがあったかわかっている視聴者側としては、忘れてしまったことに対して切なさを感じてしまいます。

 

ただ、これは監督の狙いであるとも思うので、

まぁ『計画通り』なんでしょうけど。 

 

______________________________________________________________________

君の名は。まとめ

f:id:marokunxx:20160904124049j:image

気になるところがない訳ではないんですが、多分監督が意図してるところだと思うので総合評価としてとても良かった。となります。

これは、新海誠監督の中で

個人的には今のところ一番です。

 

今後プレッシャーもあるでしょうけど

気になる監督の一人になりました。

 

※ところで上の画像、本編ではないシーンなんですよね。

当時の高校生の姿は視聴者の見たい姿をわかって描いてるんでしょうか。