人生の感想日記

オタクな社会人が幅広く話題にするブログ

シン・ゴジラとエヴァンゲリオン

ゴジラについてのレビューです。

ネタバレしていますので注意してください。 

 

7月にシン・ゴジラを2回鑑賞してきました。

関係ないですが、見る度に、エヴァンゲリオン見たいなぁとなります。

なぜでしょう。

 

 

シン・ゴジラについて。

f:id:marokunxx:20160906095147j:image

 

 はじめにシンゴジラの個人的評価

シンゴジラ

物凄く面白かったです。

今の所、2016年で一番です。

今年の邦画は凄い。

今後の日本に対して明るい気持ちにすらなるレベルです。

アイアムアヒーローに続き日本もやればできるだろ!!??!?!という気持ちです。

 

 

シンゴジラの面白かったところ。

f:id:marokunxx:20160906095214j:image

これ正直うまく言葉に表せません。

いや、なんていうかこう、語彙が少ないってのもあるのですけど…

行こうか迷ってる人に

面白かった?って聞かれることがありましたが面白かった!!

っていう感想しか言えない語彙の無さなんですが

頑張って少し具体的に上げていきます。

 

 

  1. テンポの良さ。展開の早さ
  2. 余計な話は全てカット
  3. 主役はゴジラ
  4. ゴジラという魅力的なキャラクター
  5. 独特な日本人の感性
  6. 人間のキャラクターの濃さ

 

 

1:テンポの良さ。展開の早さ

これはみなさん言ってると思いますがテンポの良さがこの作品の特徴の1つだと思います。

少し短いと思うくらいのカット割り、セリフの早さ。

始まって数分で話の展開があります。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

2:余計な話はすべてカット

また、これは展開の早さにも繋がりますが

ゴジラ以外のキャラクターの詳細はあまり描かれません。

 

矢口には奥さんや子供がいるのか?

パタースン(石原さとみ)は矢口に恋心を抱かないのか?

赤坂秀樹(竹野内豊)は矢口をどう思っているのか?

どう出会ったのか?

一切なし!!!!!!

 

守るべきものは日本国とその市民。

 

余計な話をカットしているため、甘ったるい誰々が死んだ死なない。

などのストーリーが無く、展開も早く1つに集中できるんだと思います。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

3:主役はゴジラ

なので、この映画の主役は

矢口でもパタースン(石原さとみ)でも泉でもなく、

ゴジラなんです。

ゴジラなんです!!!!!!!!!

 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

4:ゴジラという魅力的なキャラクター

私は第二形態の蒲田くんがかなり好きです。

あの第二形態がパッと画面に出てきた時、

これはなんだ?ゴジラ……?ゴジラか?ゴジラはこんなだったっけか……

 

目はつぶらですが、体を左右に振り船や家をなぎ倒し進む彼に恐怖を感じました。

 そして首のところから赤い血らしきものも吐き散らす様はまさに恐怖。

 ゴジラゴジラという名の自然災害なのかと。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

5独特な日本人の感性

良さも悪さも上げていきますが、

個人的に日本人ははぐれ者(変人や協調性のない人物)を排除し

協調性を大事にする民族だと思います。

 

でも、その少数派の人間が日本を救うために奮闘し一致団結する。(社会不適合者が?)

 目立たないように生きようとする人間の逆襲です。

所謂、海で半裸でバーベキューやったりSNSで自撮りをあげたりする人間とは

真逆の人間が、キーパーソンになっていくんです。(かなり偏見ですが)

 海外では自己主張するのが当たり前らしいので

たぶんイマイチよくわからないのでは?と思ってるのですがどうなんでしょう。

 あとは、数年前に震災があった日本人ならではの恐怖体験などが

リアリティを持たせてる所もあるように思います。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

6:人間のキャラクターの濃さとお芝居のうまさ

ネットで大人気になっていますか巨大不明生物特設災害対策本部

して巨災対のメンツがとてもキャラがたっており素晴らしいです。

あの独特のボソボソ喋りをする人たち、

本当にお芝居上手だなぁとただただ感激

(あぁあう芝居する人大好きなんですよね)

 

特にセリフ回しがなんとも言えず魅力的です。

尾頭ヒロミの仮説が当たった時、

『ごめんなさい』と安田龍彦(高橋一生)がいうんですけど

その言い方ね。

あれ何回聞いても面白い。

 

間邦夫(塚本晋也監督)の『折り紙だ』のトーンとかね・・・

もう好きな台詞がたくさんあります。

 

見て1ヶ月以上たつのに未だに興奮します・・・

すごい、シン・ゴジラ

 

シン・ゴジラのつまらなかったところ。

特に思いつかないのですが、敢えていうなら

台詞がわからないことがある・・・でしょうか。

でもこれも正直、わからなくても何とかなりますし

映画館も場所によっては字幕で放映しているようなので

特に問題があるとも思えませんが・・・

 

 

シン・ゴジラエヴァンゲリオン

f:id:marokunxx:20160906095404j:image

ところで、今回の監督はあの噂のエヴァンゲリオンの監督、

庵野秀明監督。

このかた、アニメでは実績ありますが正直実写ってピンとこず

失礼ながらこんなに面白いモノが撮れる人とは知りませんでした。

この作品を見て、エヴァンゲリオンを思い浮かべる人はかなりいると思います。

 

かなり実写としてはカットや構図も特殊で

エヴァンゲリオンを思い出させるカットがかなり

ありましたし音楽なんてヤシマ作戦でした。

 

個人的な私の情報ですが

エヴァンゲリオンはアニメ、映画は全部見ています。

が、私には難しく、エヴァンゲリオンのアニメはいまいちよくわからず…

新劇場版もちょっと雲行きが怪しい…

(最後まで見ないと評価できませんけど)

 

それでもアニメ、旧劇場版何度も見てしまいます。

面白いから、というより…見たくなる何かがあります。

 

考えてみたんですけど多分、音楽や声優さんの良さや、

キャラクターの魅力なんですよね。

また、エヴァを見たくなるのって。

シンジやレイやアスカ、ミサト、リツコが多分大好きなんです。

 

エヴァは内容が難しいけど、シン・ゴジラは内容がシンプルです。

エヴァも簡単かもしれませんが…)

 

何度も見に行きたくなる理由は音楽や、キャラクターに会いたくなる

ってのは一つあるのではないかなぁと思いました。

 

 

 

まとめ

 何度も見たくなる何かがあるんですがそれが面白さ、だけでなんども足を運びたくなるかって言ったら違います。

 たぶんオタク気質のわたしがもう一度見たくなるオタクだからこそ、何かがあるのかな?とも思いました。

 

とにかく、勢いがあり興奮する映画なのは間違いありません。

これは、DVDなどで見るより映画館で見るべき映画だと思います。