読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の感想日記

オタクな社会人が幅広く話題にするブログ

コクリコ坂が微妙だった理由を考える

コクリコ坂
コクリコ坂についてのレビュー。
ネタバレしてます。またコクリコ坂好きな人は注意してください。

f:id:marokunxx:20160906214939j:plain

 

この前
金曜ロードショーでやっていたので見ました。
宮崎吾朗監督ということで失礼ながら期待をしないではいたのですが……
友人何人かに聞くと面白かったとの話も聞いており………
とにかく鑑賞。

結果からいうと私にはダメでした。
というか、よくわからなかった。

 

キャラクターの関係性がわからない。

まず家族構成を理解するのに
かなり時間がかかりました。
これはジブリではあまりないことでこの人は主人公のなんなんだろう?という気持ちであまり集中できませんでした。

 

中心となる物語が複数あって集中できない。

主人公の女の子と気になる男の子がまさかの兄妹なのでは?!??!?!という昼ドラ顔負けの展開に驚き。
そして、カルチェラタンの取り壊し…

結局、どれを言いたいのか

何をメインに描きたいのかがよく分からず……

この映画を他人に説明するときには? 

メインの話がよく分からず(結局、血はつながっておらずなんだか人騒がせなだけな印象でした)
コクリコ坂ってどんなお話?
と言われた時に、オリンピック前の横浜のお話で昼ドラみたいに主人公と恋人(?)が
兄妹だと思ったけど実は違うお話。
となんだかよくわからない説明になるという………

 

◾︎◾︎まとめ◾︎◾︎

カルチェラタンか、本当の父親は誰なのか、

どちらかにしても良かったかなぁという印象です。

ただ、時代背景は

やはりジブリなので素敵でした。

友達は好き!と言っていたので

ハードルが上がってなのかも。

宮崎吾朗監督、

今後も応援していきたいですが

次はどんなお話になるのでしょうか。

 

ジブリ最近勢いがちょっと少なく、今後どうなっていくのか気になってます。

ディズニーが少し低迷した際も、どうなるかと思いましたが復活したのでジブリも頑張ってほしいです。