人生の感想日記

オタクな社会人が幅広く話題にするブログ

アイアムアヒーロー in OSAKA はアイアムアヒーローとは別物?

f:id:marokunxx:20161016001703j:image
花沢健吾 原作
本田 優貴 漫画

in OSAKAをやっと読みました。
ちゃんと見てなかったんですけど、画は違う人なんですね。
最初気づかなかったです。

さらっと評価
★★★45点★★★


・こずえ

f:id:marokunxx:20161016001755j:image
主人公。
美容師。
一巻のみなので性格については何とも……笑
パッとしないというか普通の三十路。

・辰男

f:id:marokunxx:20161016001830j:image
うだつの上がらない店長。
将来お店を持つのが夢の36歳。
なんか意思弱そう。

 

・優子

f:id:marokunxx:20161016002339j:image
主人公、こずえの友人。
恋人なし。
辰男のことが好きらしい。

 

・原さん

f:id:marokunxx:20161016002348j:image
辰男の知人。
バイクとか売ってる人。

 

・沢村

f:id:marokunxx:20161016002358j:image
飛行機に乗ってたイケメン。
関東人。

最終的に悪人になる。

良かれと思った嘘によって感染者が広がるという最悪なパターンに持ち込む人…

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

f:id:marokunxx:20161016001645j:image
以下、感想。

 

大阪で感染が広がるまでの約1日を漫画1冊のストーリーになってます。
1冊なのでキャラクターを彫り込んで作るというよりストーリーで見せるという感じでしょうか。

まず気になったのは原作よりも
怖さが足りない。

理由は幾つかありますが
1つ目は絵柄。
花沢健吾の画がリアルよりというのもありますが、少し二次元的というか少女漫画的というか……
それによって怖さがまず少し
薄れている感じはあります。


2つ目はZQNが理性的。
原作では発症後すぐ、個人差があるにしても会話は成立せず、かなり乱暴に噛み付いてきます。
が、キャラクター達が感染しても
理性的で主人公などを助けたりなど
理性的な為、場合によっては分かり合える雰囲気があります。

これがあまり強くない最大の理由だと思います。


あと、スピード感が無くて割と逃げられそうなんですよね…
このZQN………

あと、主人公たちの乗っている飛行機にも感染者が出て、最終的に3人になってますけど
あんな奴ら全員縛れるとか特殊部隊かな…?
っていう。
数十人のZQN縛り上げる主人公たち、凄すぎます!!!!!


これは私の理解力の問題なんですがまだ情報が入る前に飛行機を降りようとして、感染者が襲ってきたので飛行機に戻るシーンがあるんですが、飛行機から出るシーンがどうもわかりづらく………
あれ、空港なんでしょうけど
個人的にはちょっとわかりにくかった。

赤ちゃんについても突然過ぎるしあまり本筋としては必要ない気がします。
普通に辰男が助けに行くだけで充分では?

あと赤ん坊の声でバレるので今後を考えると厳しいですよね。
彼女たち。

 


◾︎◾︎まとめ◾︎◾︎
本田優貴という方、存じ上げない方なので、普段どんな漫画を描いているかはしらないのですが
花沢健吾画のアイアムアヒーローについては、日常から感染が広がる描写が怖いくらいに描かれており、途中から集団パニックにより、一気に広がる描写が怖すぎてあまり読み返すことができてません。
(映画がやると聞いたときは読み返しましたがやっぱり怖かった)

普段、ゾンビが出たらどう生き残るかをいつも考えているからというのもありますが
余りにも描写がリアルなんですよね。
絵柄も。
だからアイアムアヒーローって本当に怖いんです。

今回、その感覚で読み始めましたが
強くなかった。

ただ、全然違うZQNが見られたという事と、
あまりに花沢版アイアムアヒーローが救いがないのでもしかしたら彼女たちは今も頑張ってどこかで生きてるかも知れない。
という希望を与えるアイアムアヒーローって事でありだと思いました。

なので絶望的状況に絶望したら
本田版アイアムアヒーローをよんでまるのもいいかも。